FX

2020年5月東京市場のドル円チャート 

2020年5月の東京市場のリアルタイム・ドル円チャート

 

5月7日(木)

明日はいよいよ米4月雇用統計発表 3月失業率は4.4% 非農業部門雇用者数は ー70.1万人 4月の予想は失業率16% 非農業部門雇用者数は ー2100万人 リーマンショック時 ー80万人 第二次大戦時 ー200万人(この10倍です) サポートライン105円を割ったら101円割れか?

 

5月8日(金)

速報! 米4月雇用統計発表 失業率は予想を下回り14.7% 非農業部門雇用者数も予想を下回り-2050万人 おかげで暴落どころか、発表後すぐに20pipsの上昇 マーケットの混乱はさけられた!

速報2 米雇用統計発表から1時間が経過しました。 各国通貨ともにチャートは落ち着き、デイトレーダーの利益確定売りが見られます。 下落スピードは緩やかなので、ショートカバーではなさそうです。 これで土日を挟むので、朝方にかけてリスクオフのチャートになるでしょう!

 

5月9日(土)

昨夜の米雇用統計後のチャート 21時30分 106.281円から22時05分に106.719円ドル高 その後利益確定売りが出て0時05分に106.391円までドル安 後にジリジリドル高になり5時55分に106.653円でクローズとなる 過去最悪の数字にマーケットは冷静でした!

 

5月11日(月)

今日の東京市場のドル円相場は、取引開始から円安ドル高となりました。 欧米での経済活動再開の期待からリスクオフの流れになり、円を売ってドルが買われました。 また日経平均株価上昇も、円売りの流れに拍車をかけました。 先週最悪の雇用統計の発表があっただけに、今週は要注意です!

 

5月12日(火)

今日の東京市場のドル円相場は、3日続落となりました。 各国で経済活動再開が広がる中、アメリカの長期金利の上昇による日米の金利差拡大を見込んだ円売りドル買いの流れになりました。 その後ドイツや韓国で感染者が再増加したニュースにより、リスク回避の円買いにより円高に!

 

5月13日(水)

今日の東京市場の動向は、円高に進みました。 新型コロナウィルスの第2波と米国と中国の関係悪化の懸念から、リスクオフの円買いの流れとなりました。 また国内輸出企業による、円買いドル売りも相場を支えました。 現在は106.90ラインがサポートラインになってます。

 

5月14日(木)

今日のドル円相場は、円高に推移しました。 FRBのパウェル議長が米国経済の下振れリスクを明言した事により、ドルを売って円を買う動きになりました。 夜になってトランプ大統領が 強いドル! と発言したため、ドルが買われて107円台を回復しました。 明日も107円を挟んだレンジ相場か?

 

5月18日(月)

今日の東京市場のドル円相場は、下記の理由でドル高に進みました。 ・トランプ大統領によるドル高容認発言 ・世界的経済活動の再開 ・景気先行きへの過度なリスク後退 ・日本および欧米の株価の上昇 今週は106円前半まで進んだらロング、107円後半まで上昇したらショートで戦略を立てます!

 

5月21日(木)

今日の東京市場ドル円相場は、5日続落となりました。 欧米での経済活動再開により投資家がリスクを取り始め、日本円を売る動きに拍車がかかりました。 また日本の輸入企業による実需の円売りドル買いも、ドル高の流れを加速させました。 しかし、108円が強いレジスタンスラインか?

 

5月22日(金)

日の東京市場のドル円相場は、続落となりました。 中国で全国人民代表大会が開幕し、香港をめぐり米中の関係悪化を嫌った投資家により、ドルを売って低リスク通貨の円を買う動きとなりました。 しかし、4時間足を見ると5月7日から下値が上昇を続けてます。 この流れが来週も続くのか注意です!

 

ドル円チャートは、4時間足を見ると5月7日から本日まで、下値が切り上がって来てます。 レジスタンスラインの108.083円を抜けたら、上昇トレンドになりそう。 ただし、トランプ大統領が中国とロシアにトランプ砲を炸裂させる可能性がありので、リアルタイムで注意が必要!

5月25日(月)

今日の東京市場のドル円相場は、反落となりました。 日本の警戒宣言の全面解除の期待から日経平均が上昇したため、円が売られました。 ドルは売られる条件がありながらジリジリと上げているので、今週は、押し目をロングして108円を超えたら決済する戦略が良いでしょう!

5月26日(火)

今日の東京市場のドル円相場は、続落となりました。 午前中の日経平均株価の上昇により、リスクオンで円売りドル買いとなりましたが、レジスタンスラインの108円ラインで、利益確定の売りが強まり、ドルは続落しました。 明日は、サポートラインの106円を下値に押し目買いがチャンス!

5月28日(木)

今日の東京市場のドル円相場は、反落となりました。 世界各地での経済活動再開により、投資家がリスクを取り始め、円を売ってドルを買う動きを見せました。 しかし、米中対立悪化の懸念もあり、107円後半で円が買い支えられました。 まだ106円から108円のレンジ相場が続きそうです!

 

5月29日(金)

今日の東京市場のドル円相場は、続落となりました。 日経平均株価が軟調に推移したため、低リスク通貨の円が買われました。 しかし、米国債市場の時間外取引で10年債金利が小幅に上昇したため、22時以降ドルが買われてます。 来週は、今週に続き米中対立に注意が必要です!

 

  FP FX Trafer Japan FP@K