FX

2020年6月東京市場のドル円チャート

2020年6月の東京市場のリアルタイム・ドル円チャート

6月1日(月)

6月1日のドル円 朝9時に107.670円だったドル円は、9時23分には107.855まで上昇。 その後、ジリジリと下がり13時30分現在、107.646円です。 ドル円は、米の国内と中国との関係悪化に注意が必要でしょう!

6月1日(月)午後10時

今日の東京市場のドル円相場は、反落後に反発となりました。 今朝は、日本とアジア株が上昇したため、ドルが買われましたが、その後アメリカの国内と中国との摩擦懸念から、ドルは売られ円高となりました。夕方からは、その反発となってます。 今週も米中から目が離せません!

6月2日(火)

今日の東京市場のドル円相場は、続落となりました。 日経平均株価とアジア株が堅調だったために、ドルが売れられ円が買われました。 22時30分現在、1ドル108円59銭です。 108円がレジスタンスラインと見てましたので、これからの動きに注目です!

6月3日(水)

今日の東京市場のドル円相場は、3日続落となりました。 欧米各国の株価上昇により、投資家がリスクを取り、円売りドル買いの動きになったようです。 21時30分現在、ドル相場は2ケ月ぶりの1ドル108円62銭です。 レジスタンスの108円台超えました。今後の動きに注意です!

6月4日(木)

今日の東京市場のドル円相場は、続落となりました。 米国の市場予想を上回る経済市場を受け、投資家がリスクオンのドル売り円買いを行い、一時4月9日以来となる109円台に突入しました。 ただ、今夜9時30分発表の米新規失業保険申請者数が、予想の184万3千件を上回る187万7千件だったたため、その後は円売りとなり108円60銭まで上昇しました。しかし23時現在1ドル108円80銭まで戻してます。 しばらく続落が継続しそう!

6月5日(金)

今夜は5月の米雇用統計の発表です。 4月のデータは、失業率14.7%、非農業部門雇用者数-2050万人でした。 5月の予想は、失業率19.6%、非農業部門雇用者数-800万人です。 失業率の予想が19.6%です。約5人に1人が失業??ドルポジションを保有している場合には、注意が必要です。

 

10時20分

今日は5日で五十日ですが、ドル円は9時30分から9時55分の中値を抜けても、続落しました。 輸入企業のドルを円に換える動きが活発でした。 10時20分現在、1ドル109.124円です。

6月8日(月)

今日の東京市場のドル円相場は、続落となりました。 夕刻まではもみ合いが続いておりましたが、アメリカ国内のデモに投資家がリスクオフで、ドルを売って円を買う動きをしています。 23時58分現在1ドル108円58銭です。 このまま108円を割るのか、注目です!

6月9日(火)

今日の東京市場のドル円相場は、7営業日ぶりに反発となりました。 今週のFOMCで、FRBがイールドカーブコントロールを導入すれば、米国の金利が下落するため、投資家によるリスクオフのドル売り円買いとなりました。 11日(木)午前3時のFOMCとFRBの発表まで注意が必要です。

 

6月10日(水)

今日の東京市場のドル円相場は、続伸となりました。
 
先日の米国国債の市場で長期金利が低下したため、日米の金利差縮小懸念から、円買いの材料となりました。
 
また明日未明のFOMCの結果発表を前に、持ち高調整も入りました。
 
20時50分現在、1ドル107円31銭です。
 
明日未明のFOMCに注目!

6月11日(木)

今日のドル円相場は、3日続伸となりました。

FRBが昨夜のFOMCで、ゼロ金利政策を維持すると声明を出し、米国の低金利が長期化するとの観測から、円が買われました。 また今日の日経平均の下落により、リスク資産圧縮と円買いが進みました。

現在は106.80円がサポートラインです!

6月12日(金)

今日の東京市場のドル円相場は、反落となりました。
日経平均株価の下げ幅が縮小したことと、一般投資家と実需企業によるドル買いが入り、ドル高となりました。
23時30分現在は、1ドル107円35銭です。
来週は、106円から109円のレンジ相場になりそうです!

6月15日(月)

今日の東京市場のドル円相場は、続落となりました。
朝方はコロナウイルス第二波の懸念から円が買われましたが、夕刻からはドル資金の需要からドルが買われました。
22時現在107円40銭です。 今週は106円が、サポートラインになりそうです!

6月16日(火)

今日の東京市場のドル円相場は、3営業日ぶりにドル高になりました。
日米の株高と日銀による金融緩和措置の延長により、投資家がリスクオンの円売りドル買いの姿勢を見せました。
しかし、夕刻から北朝鮮情勢の緊迫化からドル売り円買いの流れとなり、23時16分現在1ドル107円50銭です。
今週は北朝鮮動向に注意です!

6月22日(月)

今日の東京市場のドル円相場は、狭いレンジでの横ばいとなりました。
 
株に資金が流れず、債権が買われ債権価格が上がり、それにより長期金利が下がり、ドルが売られるという流れになってます。
 
これだけのレンジ相場が続いていると、いつか上か下に大きくトレンドがでる可能性がありますので、注意が必要です。