FX

FXのリスク 【円高リスクと高金利通貨リスク】

FXには、円高のリスクと高金利通貨リスクがあります。これを理解した上で、賢く投資しましょう!

 

FXをする人の多くは、ドル円の為替相場に注目していることでしょう。過去には有事のドル買いが当たり前でしたが、近年ではリスクオフ時には、円が買われます。つまり世界の何処かで何かが起きると、円高になります。また、ドル円の相場の動きに連動して、高金利の新興国通貨の価値も上下します。この仕組みを理解した上で、賢く利益を取って行きましょう。

円高になるのは「投資家がリスクを回避」するために円を買うから

為替相場は、株価と連動しているように見えることが多いです。投資家がリスクを取りたくないと思った時(リスクオフ)には、安全資産である円が買われます。

円が安全資産か?

なぜ、円が安全資産なのか、ドルやユーロに比べて円が安全であると明確に答えることができる人は居ません。

私の考えは・・・

日本は対外純資産が巨額の黒字であり、日本人が巨額のドルを持っているということです。言い換えれば、日本の誰かが為替リスクを負っているという事です。

そして・・・

市場が「リスクオン」の時は、多くの日本人が「円を売って、金利の高いドルを買う」という行動に出るのでドル高になります。

逆に市場が「リスクオフ」になると「ドルを売って円を買い、銀行預金をして静観しよう」という投資家が増えるので、ドル安円高になります。

市場がリスクオンの時には、「円を売ってドルを買う」投資家が増えますが、市場がリスクオフになると、「ドルを売って円を買う」投資家が増えるからです。

これらが、リスクオフ時には円が買われる理由と、私は考えてます。

この流れの恐ろしいところは、強烈なリスクオフが進んだ結果、だれもリスクを採らなくなると、底なしの円高が続く可能性があることです。

 

FXでの取引は、マーケットがリスクオンになるのか?リスクオフに進むのか?を必ず確認する必要があります!

 

スワップ金利目的の高金利通貨は、リターンに見合ったリスクあり

金利が高い新興国の通貨を購入して、スワップ金利目的の長期投資している方は多いでしょう。高金利通貨は、文字通り金利が高いので、為替レートが変動しない限り、リターンは大きくなります。

しかも、新興国の高金利通貨は、金利差を獲得するために買われて通貨高になる場合もあります。そうなると、インカムゲイン(スワップ金利収入)とキャピタルゲイン(為替差益利益)の両方を獲得できて投資効率が上がります。

日本人は、預金が好きなので、新興国の高金利通貨のポジションを持っている人が多いようです。それはそれで、一つの投資戦略となります。

しかし、「高金利にはそれに見合ったハイリスク」が伴います。これは十分理解しておく必要があります。

それは、「新興国通貨は、なぜ高金利なのか?」を考えれば明確です。

新興国の高金利通貨は、何かの理由によって、投資家が投資や融資をしないから、新興国は資金を集めようと、通貨の魅力を上げるため、金利を上げて資金を集めているのです。

新興国の政府が借金をしようとしたとき、投資家が喜んで融資してくれるなら、その新興国の政府は高金利の国債を発行する必要はありません。しかし、投資家が融資に慎重になっているために、高金利の国債を発行して世界中から資金を集める必要があるのです。

新興国通貨の金利について簡単に説明すると・・・

「インフレ率が高いから、金利が高い」

「インフレ率は低いが、経常収支が赤字だから金利が高い」

「政情が不安定だから、金利が高い」

って感じでしょう。

インフレ率が高ければ、その通貨の価値が毎年下がることになるので、いつかは対ドルレートも通貨価値に応じた水準まで下落してしまいます。

経常収支が赤字の国は、その国の借金はいつか返せない日が来る可能性があります。その可能性が現実的になった時には、投資家が一斉に返済を求めてしまうと本当に返済が不能になってしまうので、その分のリスクを採ってもらう代わりの高金利ということです。

政情が不安定な国も、紛争が勃発するようなことになれば、融資が返済されない可能性があるので、これもまた高金利にせざるを得ません。

個人レベルの投資家が、新興国の詳しい情報を得るのは難しいですが、プロの投資家たちが融資に慎重な国の通貨が高金利なのは、「その国が高い金利の国債を発行する必要があるため」ということを十分理解しておく必要があります。

FXの投資では円高のリスクを、また新興国通貨をスワップ金利目的でポジションを持つときは「なぜ高金利なのか?」を良く理解した上で、リスクとリターンのバランスを取りながら投資しましょう!

 

  FP FX Trader Japan FP@K